ヒント 削除 Rogue:JS/FakeCall.B から Windows 10

12 Sep

の仕方 削除 Rogue:JS/FakeCall.B

別の感染症にRogue:JS/FakeCall.Bによって生成されたdllファイルを知っています。
UIAutomationClientsideProviders.ni.dll 3.0.6920.4000, winsrv.dll 5.1.2600.1106, pidgenx.dll 6.1.7600.16385, NlsData0047.dll 6.0.6000.20867, iprtprio.dll 5.1.2600.0, msader15.dll 6.0.6000.16386, msv1_0.dll 6.1.7600.16385, inetcomm.dll 6.0.2900.5579, tsbyuv.dll 5.1.2600.0, wshtcpip.dll 5.1.2600.5512, es.dll 2001.12.4414.258, iscsilog.dll 6.0.6000.16386

ステップ アンインストール影響を受けるWindows XPからのRogue:JS/FakeCall.B | Vista | 7 | 8 | 10

 

Rogue:JS/FakeCall.B説明

確かに、Rogue:JS/FakeCall.Bは厄介なウイルスで、OSに多数の脆弱性が存在する可能性があります。 OSのパフォーマンスが低下し、他の多くの脅威がシステムに導入される可能性があります。一般的に言えば、Rogue:JS/FakeCall.Bは悪質なソフトウェアプログラムの一種で、開発者の賛成を得て、あなたに多くの問題をもたらすようにプログラムされています。ウイルスがあなたのInternet Explorerを引き継ぐ可能性があり、オンラインセッション中にさまざまな商用広告が表示され、クリックごとまたは購入ごとにオンラインマーケティング収入が発生する可能性があります。

場合によっては、影響を受けるWindows XPから機密データやオンラインバンキングの資格情報を盗むなど、他の種類の悪意のある行為を行うマルウェアも見受けられます。さらに、マルウェアは影響を受けるOSのさまざまなリモートロケーションを接続し、潜在的に悪意のあるファイルをダウンロードし、スケジュールされた時刻に更新します。さらに悪いことに、Rogue:JS/FakeCall.Bは遠隔のハッカーがあなたのWindows XPにアクセスし、あなたのウェブカメラを使って自分のプライベートな活動を監視したり、プライベートな画像やビデオを盗んだりする可能性があります。非常に多くの場合、遠隔のハッカーが私的なファイルを盗み、犠牲者を脅迫して金銭を奪うのを見ました。特に、この種のウイルスは、ファイルをエンコードして、身代金を支払うよう依頼することもできます。したがって、Rogue:JS/FakeCall.Bの除去は必須です。

Rogue:JS/FakeCall.B感染の顕著な症状

  • お客様のInternet Explorerは、お客様の同意なしに、さまざまな広告サイトに確実にリダイレクトされる可能性があります。
  • あなたのホームページと検索エンジンは、望ましくないサイトに置き換えられる可能性があります。
  • 影響を受けるWindows XPのパフォーマンスが低下し、インターネット速度が極端に遅くなる可能性があります。
  • 不要なプログラムがインストールされたり、悪意のあるファイルやフォルダがローカルディスクに作成されることはほとんどありません。
  • おそらく、あなたのファイルにアクセスできなくなり、OS画面がロックされ、PC画面に身代金メモが表示される可能性があります。

ステップはRogue:JS/FakeCall.B攻撃を防ぎますか?

明らかに、このタイプのマルウェアは、主にバンドルされたソフトウェアとスパム電子メールの添付ファイルを使用してWindows XPに侵入します。しかし、安全でないサイトや確実にリダイレクトされたURLからトロイの木馬のアップデートをインストールするとOSに届く可能性があります。したがって、Rogue:JS/FakeCall.B攻撃を防ぐため、OSを使用しているときには十分注意してください。スパムメールの添付ファイルや疑わしいアップデートのポップアップをダブルクリックしないでください。無料のプログラムをインストールしてRogue:JS/FakeCall.Bや他の同様のプログラムのインストールをブロックするときは、常にカスタム/アドバンスドオプションを使用してください。

最後にWindows XPから次のガイドラインと廃止する Rogue:JS/FakeCall.Bを即座に活用することをおすすめします。

その他の参考サイト

クイックステップ アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B から Windows XP

の勝手を知っている 削除 Rogue:JS/FakeCall.B から Windows 8

無料ダウンロードRogue:JS/FakeCall.Bスキャナー

ステップ Rogue:JS/FakeCall.B OSの侵害から – マニュアル/自動除去ガイド

テクニックI:ステップ OSをRogue:JS/FakeCall.B 除去に進むために「セーフモードでネットワーキング」に開始する

テクニックII:ステップ Rogue:JS/FakeCall.BをOSのコントロールパネルから完全にアンインストール

テクニックIII:廃止する WindowsタスクマネージャからのRogue:JS/FakeCall.Bの有害なプロセス

テクニックIV:よく使われるブラウザとリセットブラウザからのアンインストール Rogue:JS/FakeCall.B

テクニックV:廃止するあなたのOSからRogue:JS/FakeCall.Bによって作成された問題のあるレジストリエントリ

テクニックⅠ:あなたのOSをアンインストール Rogue:JS/FakeCall.B 単純なクリックでまで「セーフモードでネットワーキング」に再起動する

Windows 8.1 / 10ユーザーの場合

I. スタートメニューを開き、シフトキーを押しながら電源オプションから再起動をクリックします。

II。次に、オプションを選択ウィンドウが表示されます。 トラブルシューティングをクリックします。

III。次に詳細設定をクリックします。

IV。スタートアップの設定を選択します。

V.「セーフモードを有効にする」オプションが表示されたら、「F5」ボタンを押してから「再起動」ボタンをクリックして、セーフモードでネットワーク機能を有効にしてRogue:JS/FakeCall.Bのシステム_ 。

Windows XP / Vista / 7ユーザーの場合

I.キーボードのWindowsロゴボタンを押し、シャットダウンオプションから「再起動」をクリックします。

II。再起動中は、「F8ボタン」を何回か押し続けます。

III。次に、OS画面に上級ブートメニューが表示されます。 セーフモードとネットワークをクリックして、Rogue:JS/FakeCall.Bのをコンピュータから進めてください。

テクニックII:Rogue:JS/FakeCall.BのOSの

アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B Windows 8.1から

I. Win + Rボタンを押してランボックスを開きます。

II。ここで「コントロールパネル」引用符は不と入力し、入るキーを押して「コントロールパネル」を開きます。

III。次に、プログラムメニューからプログラムのアンインストールを選択します。

IV。 Rogue:JS/FakeCall.Bや他の不審なアプリを見つけて、それらを選択し、廃止するを1つずつアンインストールする必要があります。

廃止する Rogue:JS/FakeCall.B Windows 10から

I.キーボードの「Windowsロゴ」ボタンをタップし、メニューから「設定」をクリックします。

II。そこからシステムオプションをクリックします。

III。次にRogue:JS/FakeCall.Bを探して廃止するするには、アプリと機能を​​クリックする必要があります。

IV。最後に、悪意のあるプログラムを含む、インストールされているすべてのアプリケーションのリストを表示し、Rogue:JS/FakeCall.Bを選択してアンインストールをクリックします。

アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B Windows XPから

I.まず、「スタート」メニューから「コントロールパネル」を選択します。

II。次に、プログラムの追加と削除をクリックします。

III. などの疑わしいプログラムや 削除する Rogue:JS/FakeCall.B 単純なクリックでを探します。

廃止する Rogue:JS/FakeCall.B Windows 7から

I.キーボードのOSのWindowsロゴキーをタップします。

II。 スタートメニューからコントロールパネルをクリックします。

III。 「プログラム」メニューから「プログラムのアンインストール」を選択します。

IV。最後に、ここであなたのWindows 7からRogue:JS/FakeCall.Bやその他の悪質なプログラムを簡単に見つけて廃止する見つけることができます。

テクニックIII:アンインストール WindowsのタスクマネージャからRogue:JS/FakeCall.Bの不要なプロセス

Windows 10 / 8.1 / 7 / Vista / XPユーザーの場合

I.キーボードの「Alt + Ctrl + Del」または「Ctrl + Shift + Esc」ボタンを押し続けます。

II。表示されたウィンドウから、タスクマネージャをクリックします。

III。今では、面倒なプロセスを見つけて、それらを一つずつ選択し、タスクの終了オプションをクリックすることによってそれらを殺すことができます。

IV。この手法を使用すると、Rogue:JS/FakeCall.Bに関連する面倒なプロセスをアンインストールできます。

テクニックIV:アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B ブラウザから

アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B Mozilla:44から

I. Firefoxの上部にある「Firefox」メニューオプションをクリックし、「アドオン」を選択することで、アンインストールの不要なアドオンを削除できます。

II。 「拡張機能または外観またはプラグイン」をクリックします。

III。無効にしたいアドオンRogue:JS/FakeCall.Bを選択し、 “無効にする”ボタンをクリックしてMozilla Firefoxを再起動してください。

ステップリセットMozilla:44

I. Firefoxを開き、ブラウザウィンドウの右上にある3つの重なった線のようなアイコンをタップします。

II。ドロップダウンメニューの下部にある疑問符のアイコンをクリックします。

III。スライドアウトメニューの「トラブルシューティング情報」を選択します。

IV。新しいウェブページの右上にある Reset Firefox ボタンをクリックします。

Internet Explorer 7-7.00.6001.1800のアンインストール Rogue:JS/FakeCall.B

I.まず、IEを開き、ミドルトップに表示されるツールからアドオンを管理メニューに移動します。

II。新しいウィンドウが表示され、そこからツールバーと拡張機能が選択されます。

III。そこからRogue:JS/FakeCall.Bを見つけて削除をクリックしてください。

IV。また、役に立たない拡張機能を見つけて廃止する削除してください。

ステップ Internet Explorer 7-7.00.6001.1800をリセットする

I.あなたのコンピュータ上のIEを開き、ツールに行きます。

II。 詳細設定タブをクリックしリセットを選択します。

III。 Internet Explorerの設定のリセットダイアログボックスで、リセットを選択します。

IV。 Internet Explorer 7-7.00.6001.1800がデフォルト設定の適用を終了したら、閉じるを選択し、 よし を選択します。

アンインストール Rogue:JS/FakeCall.B Chrome 56.0.2924から

I. Chromeを起動して、「詳細設定」をクリックし、「ツール」に移動して「アドオンマネージャー」を選択します。

II。次に、左パネルから拡張機能オプションをクリックして、Rogue:JS/FakeCall.B拡張子やその他の不要な拡張ウィルスを見つけ、すぐに廃止するをクリックして削除します。

ステップ Chrome 56.0.2924をリセットする

I. OSでChromeを開きます。

II。右上にあるその他の設定をクリックします。

III。下部にある詳細設定を表示をクリックします。

IV。 設定のリセットセクションで、設定をリセットをクリックします。

V.表示されたボックスで、「リセット」をクリックします。

テクニックV:アンインストール Rogue:JS/FakeCall.BがOSから作成した悪意のあるレジストリエントリ

I.ランボックスを開くにはキーボードのWin + Rキーを押し続けます。

II。ランボックスでは、 ‘regedit’と打って入るキーを押す必要があります。

III。 次のレジストリエントリウィンドウがシステムに表示されます。 Rogue:JS/FakeCall.Bに関連するすべてのレジストリエントリを慎重に検索し廃止するしてください。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ ソフトウェア \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ 走る \ ランダム

HKEY_CURRENT_USER \ ソフトウェア \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ インターネットの設定 "CertificateRevocation"

HKEY_LOCAL_Machine \ ソフトウェア \ クラス \